季節ごとに旬の味が楽しめるオーガニック野菜

オーガニック野菜とは有機栽培で作られた野菜のことです。
伝統的な農家では広大な雑木林を持っていて、秋の季節に大量に取れる落ち葉を使って有機肥料を作ります。


二毛作と酪農を同時に行っている農家では、牛糞に藁や落ち葉などを混ぜて堆肥を作ります。

有機肥料を多用する農業は循環型で、自然と絶妙に調和します。



オーガニック野菜という言葉は最近になって広まったものですが、これは古来からあるもので、本来は珍しいものではありません。

日本には四季があるため、野菜も季節に合わせて旬があります。現代では栽培技術の進歩で一年を通して同じ野菜が食べられるようにもなりましたが、露地栽培でたっぷりと太陽の恵みを受けて育った旬のオーガニック野菜は、栄養価が高く、味も最高です。


昔ながらの方法で栽培された野菜は、香りが鮮烈になり、野趣あふれる味にあります。



ニンジンはセリ科の野菜らしく香りが鮮烈で、甘さも強くなります。
本来は夏野菜のキュウリは現在では冬でも手に入りますが、夏の時期に農家の人が苦労して藁を大量に敷いて育てた地這いキュウリは皮がやわらかくて絶品の味です。

冬の季節になれば、大根や白菜が美味しくなります。


大根のような根菜を育てるためには、畑の中に有機肥料を大量にすきこんで、土の中の微生物を増やす必要があります。オーガニック野菜作りの基本は土作りです。



藁や落ち葉、もみ殻などの有機物をたっぷりとすきこんだ畑の土はサラサラで、特に根菜類を育てるのに向いています。
豊かな土で育ったオーガニック野菜を食べていれば健康的な生活を送れます。